エリアを選択

住まいと暮らしのインタビュー・レポート
インタビュー&レポート  一覧へ

趣味の時間を大切に、家のなかはすっきりと

今の暮らしに合わせてお掃除しやすくシンプルに。
高知県にお住まいのSさんをご紹介。

今回ご訪問したのは、高知県にお住まいのSさんのお宅です。
21年前のご入居当時、ふたりのお嬢さまは小学校入学前で、安心安全に過ごせる住まいを一番に考えたそうです。
子育てが一段落した現在は、趣味のロードバイクを楽しむ時間が増え、アクティブな毎日を過ごされているご夫妻。
快適に暮らす秘訣を教えていただきました。

お子さまの成長、ライフスタイルの変化に合わせて暮らしやすく

マンション購入にあたってご一家が重視したのは、セキュリティー面だったといいます。

「主人も私も仕事をしていて、学校から帰ると子どもたちだけで過ごすことも多いので、オートロックで管理がしっかりしているこのマンションを選びました。住んでから感じたのは、管理人さんが気さくで話しやすく、頼りになるなということですね」と奥さま。

ご入居当時、洋室は家族4人の寝室とご主人の書斎、ふたつの和室はふすまを取り外して広いLDKのように使っていたそうです。

「家族がのびのびと過ごせるよう広い空間をつくりました。できれば和室より洋室のほうがよかったのですが、住んでみて考えようと思い、フローリングシートを敷くことにしました。細かいところはいろいろ工夫しています」とご主人。

DIY好きなご主人が少しずつ手を加えて、快適な住まいをつくってきたそうです。

現在は洋室ふたつがお嬢さまの部屋、和室はご夫妻の寝室とくつろぎスペース。そしてリビングは、ご主人自慢のロードバイクを飾り、家族の団らんスペースに。それぞれが快適に過ごせる空間をつくっています。

リビング・ダイニングの天井を空柄のクロスにしてアクセントに。アウトドア好きなおふたりらしさあふれる、明るく爽やかな空間です。
ディスプレースタンドで場所をとらずおしゃれにロードバイクを保管。
冬には和室にこたつを置いてほっこりスペースに。バルコニーが多く開放感のある4LDKタイプ。

きれいを保つ秘訣は、床のお手入れとものを増やさないこと

ご家族それぞれが仕事で忙しいなか、家に帰ったときに気持ちよく過ごせるよう、心掛けていることがあるといいます。

「住まいのなかでも特に、床をきれいに保ちたいと思っています。年2回、家具や荷物を移動し、一日かけてふたりで床のワックスがけをやっています」とご主人。

「子どもが小さいころは、家族でくつろげるようにソファを置いていましたが、今はそれぞれの空間でくつろげるようにできるだけシンプルにして、ものを増やさないようにしています」と奥さま。

機能にこだわって購入したロボット掃除機も、快適な暮らしに欠かせないアイテムだそうです。

「ロボット掃除機を購入してから床にものを置かなくなり、埃や髪の毛が気にならなくなった」とご主人。
マンション1階にはトランクルームがあり、購入の際の決め手のひとつだったそう。
詰め込み過ぎず、自転車や使用頻度の少ないものを整理して収納することで、スペースを有効活用。

今は趣味を楽しみ、リフォームは家族に変化があったときに

ロングライドイベントに参加しているご主人に誘われ、奥さまも昨年ロードバイクデビュー。マラソン大会にもふたりで参加するなど、アクティブな趣味を楽しまれています。

「最近は自分たちの趣味に費やせる時間が増えたので、アウトドアのほうにお金を使っています。水まわりや和室をフローリングにするなど、住まいのリフォームのことも考えますが、もう少し先かもしれませんね」と奥さま。

今あるものを大切に使い、将来お嬢さまが家を出られるなど家族に変化があったときに、ライフスタイルに合ったリフォームができたらとおっしゃっていました。

壁一面に飾られた、四国八十八ヶ所と四国別格二十霊場を巡った際の御影札(おみえふだ)。
たまごをかえしてから10年以上、家族で大切に育てているというセキセイインコに癒やされて。
趣味を一緒に楽しむことが、健康維持と夫婦円満の秘訣のようです。