エリアを選択

住まいと暮らしのインタビュー・レポート
インタビュー&レポート  一覧へ

マイホームで実現していく夢の空間

家族構成の変化に応じたリフォームで理想の住まいに
愛媛県にお住まいの、“さーぴすとさん”ご紹介。

今回ご訪問したのは、愛媛県にお住まいのさーぴすとさんです。
リフォームやインテリアのことを考えるのが大好きな奥さまの夢を、サーパスマンションで次々に実現。
ご結婚後にリフォームされた際の空間づくりや収納などにも
奥さまのセンスが存分に発揮され、
理想の家づくりと心地よい暮らしを楽しまれています。

ベランダのガーデニングも部屋から続くインテリアのひとつ。
お手入れはもちろん、彩りや配置も考えられています。
交通の便がよく、スーパーなどの店も充実した
好立地ながらも静かで暮らしやすい。
住まいの雰囲気から楽しく快適な暮らしぶりが
伺えます。

家が好きな私には賃貸よりもマイホーム

奥さまがサーパスマンションを購入したのは2011年のこと。

「妹が先にここに家を買って。当時はお互い独身だったので、近くにいたほうが助け合えると思い、同じマンションの購入を決めました」

標準タイプは3LDKでしたが、奥さまが選んだのはリビングを広くとった2LDKタイプ。

「リビングが横に広い間取りと、フローリングが白という部屋の色が決め手でした。白は汚れが目立つという方もいますが、私は掃除が好きで、目立つからこそ掃除しようと思うんです」

昔からモデルルームのような家が好きだったという奥さま。お部屋はまさにモデルルームのよう。

「とにかく『お家』が大好きなんです。それまで住んでいた賃貸では思うようにできなかったので、私のような家好きにはマイホームが向いているなと思いました」

現在もインターネットでモデルルームの画像を眺めながら「次はどんな家にしよう?と想像し、
夢が広がっていきます」と奥さま。
キッチンはお気に入りの家電に合わせて
赤をアクセントカラーに。
ゆとりあるリビング・ダイニングは開放感たっぷり。
自由にレイアウトができるのも魅力。

結婚を機にリフォームし、居心地のよい住まいに

昨年ご結婚され、生活リズムが異なるご主人の部屋を確保するため、間取り変更を伴うリフォームをされたご夫妻。サーパスマンションを熟知する穴吹コミュニティに依頼し、家族が増えたことによる用途変更に対応できただけでなく、理想のインテリアに近づけることもできました。

「購入から4年でもうリフォーム?と驚かれることもありますが、家族構成の変化に応じたリフォームをするのは自然なことだと思っています」と奥さま。

和室の押入れと洋室のクローゼットだった部分をひとつのウォークインクローゼットにするなど、リフォームをしてさらに使い勝手がよく、居心地もよくなったそうです。

リビング横の和室を洋室に変更。リビングの仕切り壁は一部を削るかたちで完全には撤去せず、
ふすまだった部分にアクリル製の引き戸を設置。
明るく開放的な空間はそのままに、
引き戸を閉めればプライベート空間も確保。
動線があるウォークインクローゼット。

インテリアの基本は白、もの選びはじっくりと

リフォームと同時にインテリアにも手を加え、奥さまの卓越したセンスも相まって理想の空間が生まれました。

「基本的なアイテムは白を選ぶようにしています。部屋が明るくなり、飽きませんからね。家に置くものは衝動買いをせず、ひとつひとつ時間をかけて選ぶことを心がけています」と、インテリア選びのコツを教えてくださいました。

調和のとれた家具や照明、グリーンや花で白い部屋をやさしく彩るなど、奥さまがセレクトしたインテリアは、まさに“お手本にしたい家”です。

白をベースにしているため自然と光が反射し、日中は照明いらずだというリビング・ダイニング。
レースのカーテンのキレイな柄が見えるように、
あえて通常とは逆の手前に付けている。
市販のシールを貼って壁にアクセントをつけた
アイデアはお見事。

マンションの空間をうまく使って暮らすアイデア

マンションはスペースが小さくコンパクトな家が多いといえます。しかし、スペースをうまく使うことで、すっきり広々と暮らすことができます。

たとえば、ベランダに置けないガーデンテーブルとチェアを部屋の窓際に置き、リビングの一部を「庭の延長線」に見立てて配置し、外との一体感を楽しむアイデア。隙間を利用した収納をリフォームでつくり、雑多に見えないようにする工夫など。

今回ご訪問したお宅には、美しい住まいづくりのアイデアが満載でした。これからも、もっと素敵な家に進化していくことでしょう。

窓際にも外にもグリーンや花を配置。窓を開ければベランダでのんびりとしたひとときを楽しめる。
避難路を確保しつつ、ベランダでガーデニングを楽しむ奥さま。エアコンの室外機は市販のカバーに色を塗って設置。
リフォーム時、引き戸で仕切れる寝室に室内用物干金物「ホスクリーン」を設置し、リビングから見えないように。