エリアを選択

住まいと暮らしのインタビュー・レポート
インタビュー&レポート  一覧へ

ペットと暮らす落ち着きと清潔感のある住まい

女性ひとりにも安心・便利なマンションライフ。
静岡県にお住まいのWさんをご紹介。

今回ご訪問したのは、静岡県にお住まいのWさんのお宅です。
こちらのお宅は、ミニチュアダックスのロイ君、チワワのレオ君との“3人暮らし”。
ペットが快適に過ごすための工夫や、キレイ&心地よいくつろぎ空間づくりのアイデアを教えていただきました。

人もペットも快適な住まいづくりの楽しみ

以前のお住まいやご実家、職場からも近いことに加え、間取りも気に入り、サーパスマンションのご購入を決めたといいます。そして、たまたまペットを2匹まで飼育できる物件だったことから、ご入居後に犬を飼い始めたそうです。

「ある日、会社帰りにペットショップに立ち寄ったら、この子(レオ君)を見て気に入ってしまい、その日に飼うことを決めました。引き取りに行く日は娘が帰ってきたので一緒に行ったのですが、『ママ、かわいい子がいるよ』とあの子(ロイ君)を見つけて。結局、娘に説得されて2匹飼うことにしました」

リビング・ダイニングの一角にケージを設置し、時間を決めて遊び回れるようにしているといいます。

「和室や廊下に行かないよう、普段は和室の引き戸を閉めています。今後は、ケージ部分のクロスを消臭・防汚効果のあるものに張り替えることや、ペット用のフロアコーティングもしたいですね。犬中心ですが、それも住まいづくりの楽しみのひとつです」

リビング・ダイニングは、掃除機と粘着カーペットクリーナー、空気清浄機で清潔に保っています。安全性を考えて、床には余計なものは置かないようにしているとのこと。
犬の行動範囲には、滑って足腰に負担がかからないよう、お手入れ簡単なタイルカーペットを敷きつめて。
南西向きで明るく開放感があり、南側に窓付きのバスルームがあるのが特徴の3LDK。

隠す収納家具で生活感のないおしゃれなキッチンに

インテリアでこだわったのは、すっきり感。食器や電化製品、ごちゃごちゃするものを見せないことで、心地よい空間をつくり出しています。

「キッチンは、生活感を見せないことにこだわりました。システムキッチンと色を合わせた茶色の棚と、同じシリーズのすっきり見える食器棚を組み合わせて、圧迫感のない感じにしています。食器棚の一角には、ドッグフードや犬グッズなどいろいろと収納しているのですが、外から見えないのでいいですね」

家電を見えないようにするのは、生活感をなくすワザのひとつ。モデルルームのようなおしゃれな雰囲気になります。

すっきりと空間が広く見えるキッチン。IHクッキングヒーターの奥にはパントリーがあり、とても使い勝手がいいとのこと。
こちらの棚にはレンジや炊飯器などを収納。
天井近くまである食器棚はまだまだ余裕あり。

華やかで個性的な造花をインテリアのアクセントに

住まいに彩りを添えるインテリアとして、造花をうまく使われているのが印象的です。
「クリスマスにはツリーを飾るなど、季節ごとに色合いや雰囲気の違う造花を選んで楽しんでいます」とのこと。
手間がかからないことや、造花ならではの個性的な形状のものもあり、生花とはまた違った楽しみが広がりそうです。

お客さまが泊まりに来たときの寝室に使っている和室には、畳に合うシックなドライフラワーをアクセントに。
テレビ横のコーナーには、華やかな雰囲気の造花や小物で彩りをプラス。
ハーバリウムディフューザーはお嬢さまの作品。明るい場所に置くとよりキレイに見えます。

安心・便利な設備とゆとりを感じる住まい

現在、大学に通うお嬢さまとは離れて生活されています。女性おひとりでの暮らしに、このマンションを選んでよかったと思う点がいくつかあるといいます。

「セキュリティのよさは実感しています。留守のときに来客があると、写真つきで携帯にお知らせがくるので安心ですね。それから、犬の餌などをネットで買っているので、宅配ボックスがあるのがとても便利で、ストレスフリーです」

暮らしのなかで大切にしているのは、仕事から帰ってきた夜や休みの日、リビングのソファに座ってゆったりとテレビを見ながら過ごすくつろぎの時間だといいます。

「ソファでくつろぐときもそうですが、キッチンに立っているときもテレビが見えるので、休日は映画やドラマをのんびり見ていることも多いですね。心安らぐ空間になっています」

明るく、暖かく、「ここにいると落ち着く」と感じるゆとりの空間は、ペットにとっても安らげる住まいになっているようです。

テレビは入居前に壁掛けにして、すっきり広々とスタイリッシュに。
パール風のカーテンタッセルなど、さりげなく住まいを彩るアイテムにセンスが光ります。