エリアを選択

住まいと暮らしのインタビュー・レポート
インタビュー&レポート  一覧へ

長く住みたいと思う快適な住まいとは?

家族の成長を見守る穏やかな空間。
広島県にお住まいの、“さーぴすとさん”ご紹介。

今回ご訪問したのは、広島県にお住まいのさーぴすとさんです。
サーパスマンションにご入居されてから約20年。
お子さまの独立によりライフスタイルが変化し、部屋の使い方も変わっていきました。
現在は少しずつリフォームをしながら、
「今までもこれからも、気持ちよく住める家」を実現されています。

友達から友達へ、サーパスのよさを共有

ご一家がサーパスマンションを購入されたきっかけは、奥さまのご友人のすすめだったそうです。

「友達が近くのサーパスに住んでいて、住みやすくていいよと聞いていたんです。その友達から、ここが新しく建つと教えてもらって見に来たら、本当にいいと思いました」

決め手になったのは、当時小さかったお子さまの子育てや、ご主人の通勤にも便利な立地のよさでした。

「一番気に入ったのは、目の前の公園です。家から公園で遊ぶ子どもたちが見えるので、安心でした。入居者の方は同じくらいのお子さんがいるご家庭が多く、必然的にここで公園デビューしてお母さんたちと親しくなりました」と奥さま。

駅や学校、塾などへ、徒歩か自転車で移動できるのも、子育て中の奥さまにとってよかったといいます。

「住み心地はとてもいいです。私はすごくここを気に入ったので、裏に新しいサーパスができたとき、友達に紹介して、友達はそこに住んでいます。紹介してもらったので、紹介したという感じですね」

リビングの窓の外には、公園に植えられた緑とともに開放感あふれる景色が広がります。
奥さまと、近くに住む奥さまのお母さまに出迎えていただきました。
南側の2部屋と北側1部屋にバルコニーがついた、日当たりのいい3LDK。

ひとつのリフォームで、その先の楽しみも広がる

新築でのご入居から約20年経った今年、いくつかのリフォームを行ったそうです。

「ご近所の方とリフォームの話をしたのをきっかけに、お風呂の給湯器を交換しました。そうしたら、いろいろ気になり始めて、ガスコンロを交換し、トイレも新しくしました」と奥さま。

今後も、無理なく少しずつ、手を加えていきたいとおっしゃいます。

「一番リフォームしたいのは、床ですね。洋室はもともとカーペットなので汚れが落ちにくいこともあり、全部屋をフローリングに張り替えたいという思いはあります」

ガスコンロ以外はご入居当時のままだそうですが、きれいに保たれているのはさすがです。
キッチンのなかでも汚れが目立つガスコンロを新しいものにしたことで、全体が美しく見えます。
オープンキッチンにリフォームして、ダイニングとつながる開放感ある空間づくりもしたいとのこと。

お子さまの成長とともに変化する住まい

現在、二人のお子さまは独立し、夫婦ふたり暮らし。2018年8月には、ご長男夫妻にお子さまが生まれる予定とのこと。ライフスタイルの変化とともに、部屋の使い方も変わり、初孫のご誕生でまた新しい変化を迎えようとしています。

「子ども部屋だった洋室は、その後、主人の姑が住んでいた時期もあり、今は子どもたちが遊びにきたときに泊まるスペースです」と奥さま。

お子さまが小さいときはふたり一部屋、大きくなってからはもうひとつの洋室を使ってひとり一部屋に。そして現在は、客間やものを置く部屋にと変わっていったそうです。

「今はふたりなのでいろいろと使い方はありますが、私はだいたいダイニングにいます。昔も今も、家のなかで一番落ち着ける場所なんです」と奥さま。

子ども部屋に使っていた洋室のインテリアになっているのは、お子さまたちの成長がわかる思い出の写真。
ご主人が愛用するギブソンのギターがずらり。弾き語りをされるそうです。
奥さまが多くの時間を過ごすダイニングは落ち着いた雰囲気。

住んでからのサポートのよさを実感

住まいに彩りを与えているのは、色とりどりの花。

「インテリアのこだわりはあまりないのですが、季節感のある、ちょっとした生花を置くようにしています。仕事から帰ってくつろいでいるとき、お花があると心が和みます」と奥さま。

この家が好きで、ここに長く住み続けたいと奥さまは言います。

「長年住んでいて、戸が開きにくくなったなどの不具合がいくつかありましたが、穴吹コミュニティさんに連絡するとすぐに動いてくださって、とても助かっています。それと、共用部分もきれいにしてもらっているから、ずっと気持ちよく住めるのだなと感じています」

10年後、20年後……未来のことも考えて住まいを選ぶポイントが、ご一家の暮らしから見えてくるのではないかと思います。

玄関のドアを開けると、収納棚の上に飾られた花が目に留まります。
ダイニングの椅子に座った位置からも見えるリビングの花の絵は、奥さまのお気に入りの品。
小ぶりの花瓶と花はダイニングテーブルの上に。