エリアを選択

はじめての住まい購入

自分にあった物件を探すコツ

自分の希望にぴったりあった物件を探すのは、とても大変です。
条件が折りあわず、住まい選びに行き詰ったときは
自分が希望する優先順位をもう一度確認してみるとよいでしょう。

Pick pointゆずれない条件を見極める。
住まいを選ぶポイント

check 1ライフスタイルにあった立地

立地は、住む人の状況によってチェックすべきポイントは変わってきます。

子どもがいる人
近隣に教育施設があるか。子どもが遊べる公園などはあるか。
シニア夫婦
病院などの医療施設があるか。
働いている人
通勤時間や通勤に必要な交通手段は、自分の許容範囲か。

少し遠くても都心に直結したアクセスのいい物件もあるので、範囲を広げて地縁がない場所でも探してみることをお勧めします。

check 2無理のない返済計画

無理のない返済計画が立てられる物件を探すことが基本。
実際にどういう計画になるかは、マンションアドバイザーやファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談してみましょう。
モデルルームでのイベントでは、こうした専門家に無料で相談できる機会もあるので、ぜひ活用してみてください。

check 3必要な仕様・設備を考える

マンションギャラリーのモデルルームを見ると、キッチンやセキュリティなどで多くの魅力的な仕様や設備があることがわかります。しかし、そこは冷静に。なかにはアフターメンテナンスに費用がかかるものもあります。
自分にとって必要不可欠な仕様・設備とは何か、なくても妥協できるものかをよく考えたうえで、購入候補の物件となるか判断しましょう。

check 4今の住まいの広さ・間取りの課題を見直す

希望する価格や立地によって、広さや間取りは制約を受けます。まずは現在の住まいをもう一度見直しましょう。あなたが解消したいのはどんなことですか?

  • リビングが手狭で、休日にゆったりとくつろげない。
  • 子どもそれぞれに勉強部屋が欲しいが、スペースが足りない。

そうした課題に優先順位もつけると、必要な部屋数や間取りが見えてきます。また、将来的に家族構成が変わればリフォームで間取りを変えられるので、その先を考えて判断するのもよいでしょう。

check 5アフターサービスを考える

実際に住み始めると、さまざまな不具合などもあらわれます。購入する際には、点検体制や修繕対応も十分確認してください。アフターサービスは物件によって範囲や期間が異なるので、必ず条件や対象となる部位、現象、期間などを確認しておきましょう。

サーパスマンションでは、入居後、1年、2年の無料点検をご用意。さらに、24時間365日受付の「穴吹コンタクトセンター」で入居者の方のご相談・ご質問にもスピーディに対応しています。また、24時間365日体制の「サーパスSOS24」により、火災や不審者の出没といった緊急事態に対する備えも十分に整っています。

check 6会社の信用度を確認する

住まいの購入は、一生に一度と言われるほど高額なものなので、不動産会社の信用度は極めて重要。広告や資料で、免許番号や取り引き形態などを確認しておきましょう。また、現地の担当者が誠意ある対応を見せるかも大切なポイントです。