エリアを選択

住まいと暮らしのインタビュー・レポート
インタビュー&レポート  一覧へ

住まいの中心にある癒やしの空間

ペットとともに気持ちよく暮らす。
山口県にお住まいの、“さーぴすとさん”ご紹介。

今回ご訪問したのは、山口県にお住まいのさーぴすとさんです。リビングの大きな窓からは暖かい日差しが差し込み、
公園前の物件ならではの自然豊かな眺望が広がっています。
猫と一緒にこの場所で過ごす時間が大好きだというご夫妻。
広々とした空間づくりへのこだわりが感じられるお住まいです。

キッチンから見えるのは、窓際のキャットタワーですやすやとお昼寝する猫と窓の外に広がる緑。
お話好きのご主人と明るい奥さま。親切に出迎えていただきました。
利便性がよく閑静な住宅街に建つマンション。エントランスも落ち着いた雰囲気。

住まい探しの第一条件はペットが飼えること

もともと一戸建てにお住まいだったご夫妻。マンションへの引っ越しを決めてからとてもいいタイミングで、サーパスに巡り合ったといいます。

「以前の家を売ると同時に、マンションを探していました。当初は中古マンションを探していましたが、家が売れたときにこの物件を紹介され、一番の条件だった猫を飼えると聞いたので『ここしかない』と思いました」とご主人。

周辺環境のよさは入居前にある程度知っていましたが、住んでからさらに「ここに決めてよかった」と思えることがあったそうです。

「11月末に入居して1ヶ月後、近くのお寺から除夜の鐘が聞こえ、翌日には部屋の窓から初日の出を拝むことができ、感動しました。夏には近くの川でホタルを見られるのもいいですね」とご主人。

「目の前にある公園に、午前中は親子連れや保育園児、午後には小学生が遊びに来て、子どもたちの声が聞こえます。主人も私も大の子ども好きなので、にぎやかな声を聞いて元気をもらっています」と奥さま。

リビングの大きな窓から見える景色のよさも購入の決め手になりました。
玄関先からシンプルで美しい空間をキープ。
洋室の1室は寝室。もう1室は、ご主人が趣味のトランペットの練習や音楽を聴く部屋として使用。

こだわりは食卓兼リビング用のテーブルといす

家にいるときの多くをリビングで過ごすというご夫妻。ダイニングとリビングを分けず、開放感あふれる空間にするため、テーブルといすにこだわりました。

「ピアノを置いて、ダイニングテーブルとリビング用ソファを置くと狭くなるので、食事にもくつろぐにもいいものを探しました。テーブルはちょうどいい高さにこだわり、大きさも部屋に合うよう調整しました。いすは手づくりの家具店で見つけました」とご主人。

リゾート感あふれるくつろぎのリビング。窓から降り注ぐ日差しに包まれ、穏やかな時間が流れています。

「ここはとても暖かいので、エアコンを使うのは冬の本当に寒い時期だけです。夜に洗濯して室内に干しておくと、翌朝には乾いているんです」と奥さま。

このお宅はもともと棟内モデルルームで、そのときのリビングと和室の黒の壁紙(通常はオプション)を生かしてお部屋をコーディネート。黒がアクセントになり高級感もプラス。
「この場所はすごく落ち着きます。そして、猫といる時間はとても癒やされます」とご夫妻。
窓際にはオプションで室内用物干金物「ホスクリーン」を設置。

心地よく暮らすコツは「物を増やさず、いつもきれいに」

ご夫妻がマンションに引っ越すとき、すっきりと暮らすために不要なものを処分したといいます。

「以前の家は部屋数が多く、物が多かったのですが、この家では物をあまり置かないようにしようと思いました。掛け軸や絵画、陶器などもたくさんあったのですが、ここに飾れないものは売るなどして片づけました」と奥さま。

ご入居されてからは、物を増やさないようにされているそう。また、心地よく暮らすために、いつもきれいにしておくことを心掛けているといいます。

「猫の毛が気になるので、毎日の掃除はかかせません。掃除機をかけるのは私の担当です」とご主人。

ペットの匂いにも気を配られており、ご訪問した際、匂いはまったく気になりませんでした。ペットとともに気持ちよく暮らせる住まいづくりは、見習いたいところです。

和室は、少し横になるときやストレッチをするとき、お孫さんが来たときの遊び場など多目的なスペースに。仏壇はマンション住まいに合わせて小さなものに変えたそう。
洗面脱衣所、浴室、トイレいずれも白を基調にしたシンプルテイスト。
厳選して持ってきたというお気に入りの絵を玄関先に。

キッチンはオプションで使い勝手よく

以前のお住まいがIHクッキングヒーターで食洗器付きだったので、ここでも食器洗い乾燥機と一緒にオプションで追加。食器棚もオプションで取り付け、きれいに収納されています。

「よく使うものはしまい込まず、小物入れなどにまとめています」と奥さま。

キッチンだけでなく各部屋の本棚や収納棚、小物入れなど、ひとつの場所にまとめて物を置くことが、すっきり見せる秘訣だそうです。

一戸建てからマンションへ。住まいに合わせて置く物を選ぶことが、快適さを生み出していると感じました。

きれいに片づけるとともに、冷蔵庫上には転倒防止突っ張り棒をご自身で取り付け、地震対策もしっかりと。
IHクッキングヒーターに変更して毎日の掃除をラクに。
キッチンの空きスペースにぴったり収まる食器棚はオプションならでは。