新潟県新潟市の新築・分譲マンション
「ザ・サーパスタワー新潟万代シテイ」の万代シティ

bandai

時代の変化と共に生まれ変わる万代シテイへ

1970年代の誕生以来、バスセンターを中心に百貨店・大型複合商業施設・メディアビルなどが続々と開業し
新潟のファッションと文化の発信地として愛され続ける商業街区・万代シテイ。
10を超える大型施設が集い進化に向けて加速する、その傍らに“ザ・サーパスタワー新潟万代シテイ”は誕生します。

時代の変化と共に
生まれ変わる万代シテイへ

1970年代の誕生以来、バスセンターを中心に百貨店・大型複合商業施設・メディアビルなどが続々と開業し
新潟のファッションと文化の発信地として愛され続ける商業街区・万代シテイ。
10を超える大型施設が集い進化に向けて加速する、その傍らに“ザ・サーパスタワー新潟万代シテイ”は誕生します。

新潟のトレンド発信地、カジュアルな
大商業施設「ラブラ万代/ラブラ2」

イオンスタイルなど日常を支える店舗が多彩に。
(約100m/徒歩2分・約160m/徒歩2分)

通りを越えて繋がり合う2つの商業施設「ラブラ万代/ラブラ2」。H&M、ZARAなどのファッションブランドをはじめ生活雑貨・書店・カフェなどがそろうほかイオンスタイルで生鮮・日用品が手に入るお洒落で便利なスポットです。

人が集う都市のオアシス、リニューアルした「万代シテイバスセンタービル」

デッキと繋がる屋上パークと新潟グルメを堪能。
(約90m/徒歩2分)

県内外へのターミナルとして長く親しまれてきたバスセンタービルは2021年9月に大規模リニューアルを完了。
イベントが開催される広々とした屋上パークが整備され建物内には飲食店・カフェなどのテナントが多彩に。
デッキで各施設と直結し、万代シテイの新たな顔として機能します。

心地よい空間で上質な時を過ごす、新潟の歴史ある百貨店「新潟伊勢丹」

“NIIGATA越品”など地域と一体となる店づくりへ。
買うだけではない価値を創造。(約210m/徒歩3分)

銘品を発掘する“NIIGATA越品”プロジェクトを進めつつ地域と一体となる大規模なリニューアルを展開。 各フロアに“サークル”と名付けた場を設け、テーマに応じたさまざまなサービスを集約。上質でリッチな時に出会える新しいもてなしの在り方の再創造が進んでいます。

ミズベリング信濃川やすらぎ堤

ミズベリングとは、国土交通省が推進するプロジェクトで、「水辺+RING(輪)」、「水辺+R(リノベーション)+ING(進行形)」の造語です。かつての賑わいを失ってしまった日本の水辺の新しい活用の可能性を創造していくべく、新潟市と北陸地方整備局では信濃川やすらぎ堤の利用について検討を進め、民間事業者との協働し、商業利用を核としたにぎわい空間の創出や多様なイベントの開催等により、地域連携・活性化への寄与も含め、水辺空間の利活用促進に取り組んでいます。

●航空写真は現地周辺を撮影(2021年11月)し、CG加工を施したものです。現地の位置を表現した光は、建物の規模や高さを示すものではありません。

●ACROSS NIIGATA(約190m/徒歩3分)、ビルボードプレイス(約190m/徒歩3分)、ビルボードプレイス2(約230m/徒歩3分)、万代シティ第二駐車場ビル(約190m/徒歩3分)、新潟伊勢丹(約210m/徒歩3分)、万代シルバーホテルビル(約170m/徒歩3分)、万代シネモールビル(約210m/徒歩3分)、新潟日報メディアシップ(約120m/徒歩2分)、万代コズミックスビル(約60m/徒歩1分)、ラブラ2(約160m/徒歩2分)、万代シティ第一駐車場ビル(約240m/徒歩3分)、信濃川(約160m/徒歩2分)

●距離表示については現地からの地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを徒歩1分として算出(端数切り上げ)したものです。

●掲載の環境写真は2021年9月・10月に撮影したものです。