エリアを選択

穴吹工務店の住まいづくり
サーパスクオリティ
施工

品質管理

より高品質な住まいづくりのために、
細部にわたる緻密な品質管理を徹底しています。

設備や仕様、インテリアはもちろん大事。でも基本となる建物の構造がしっかりしていなくては安心して暮らせない。そう考えるお客さまが増えています。私たちは、そのような方が多くなる前から建物の構造品質にはとくに注意を払い、住まいの骨格づくりを大切にしてきました。構造設計はもとより、生コンクリートの選定、骨材の品質まで厳しい基準を設定。強度、耐震性、耐久性を高めることで、ご入居者の方の安全・安心な暮らしを守り、資産価値の向上へとつなげています。

徹底した品質管理が貫かれた
施工の基本工程


施工会議
step01

施工会議

工事を始める前に、工程・品質・安全管理について工事全体を確認。
より確実で効率的な施工方法の検討を行い、実際の施工に備えます。

支持層の確認
step02

支持層の確認

建物をしっかりと支える頑丈な地盤を確認します。最初に施工する杭を試験杭とし、採取した地質とボーリングデータを照合させて支持層をチェックします。




コンクリート打設状況
step03

コンクリート打設状況

堅固な建物を構築することを念頭に、コンクリート打設作業が効率よく確実に行えるよう、作業所・協力会社・生コン工場が合同で、生コンの出荷間隔や打設時の人員配置、役割、養生について事前打ち合わせを実施。作業員が一丸となって打設作業に取り組みます。

コンクリート受け入れ検査
step04

コンクリート受け入れ検査

コンクリートが事前に打ち合わせした通りの品質であるかを、現場で再度しっかりと確認します。

配筋検査
step05

配筋検査

人間の体でいう骨となる鉄筋が所定の位置に配置されているかを、自主配筋検査および工事監理者立会いによる配筋検査によって確認します。耐久性に優れた建物にするには、まずかぶり厚さ()の確保が必要となります。

鉄筋を覆うコンクリートの厚みのこと。





中間検査(建築)
step06

中間検査(建築)

建物の完成度を高めるために、
建設中でなければ確認できない使用材料の品質や施工手順などを検査します。

中間検査(設備)
step07

中間検査(設備)

内装仕上げ工事後の不具合を防ぐために、工事後は隠れてしまう給排水衛生設備をはじめとする配管や配線の設備検査を行います。







社内完成検査
step08

社内完成検査

建物全体や全住戸の工事全体においての仕上げ、
設備機能に関する検査を実施します。

行政検査
step09

行政検査

建築指導課や消防の各種行政検査、住宅性能評価検査を経て、
検査済証を受理します。

入居内覧
step10

入居内覧

工事完成後のお引渡し前に、ご購入いただいたお客さまに部屋を直接ご覧いただき、細部まで確認していただきます。

厳格な品質管理に不可欠な、細部にわたる管理項目を設定

総合的なスケジュールはもちろん、着工から躯体工事、お引渡しにいたるまで、各工程ごとに施工手順や使用材料の検査を実施するための膨大な管理項目を設定。工事品質の向上に取り組んでいます。

  • Select 土地の厳選を重ねる
  • Style 安全で自由な空間をつくる
  • Support 毎日を身近で見守る
穴吹工務店の住まいづくり トップへ