エリアを選択

穴吹工務店の住まいづくり
サーパスクオリティ
施工

住宅性能表示制度

2007年4月以降に建てられたサーパスマンションは、
「住宅性能評価」を取得しています。

住宅性能表示制度とは、これまで把握しづらかった構造や災害時の安全性、高齢者への配慮などの住宅の性能を、共通の“ものさし”をつくることで比較しやすくするための制度です。特定の基準にもとづいた客観的な評価による住宅の性能が表示されるため、公平に相互比較ができます。住宅性能表示制度は、住宅の検討や購入に役立つだけでなく、さまざまなメリットがあります。

住宅性能表示制度のポイント

穴吹工務店が「住宅性能評価」を取得する理由

これまで穴吹工務店は、法律で定められた建築基準の遵守はもちろん、独自の社内規定や自社検査体制によって快適で安心・安全な住まいを提供してきました。このグループ一貫体制による品質管理は、1,400棟を超えるサーパスマンションの建設実績からも十分に機能していると確信しています。しかしながら、住宅性能評価を取得することで第三者機関から公式の評価が得られること、さらにお客さまにも住宅ローンの優遇などのメリットがあることから、2007年4月以降に新規発売されたサーパスマンションは、すべて住宅性能評価の取得を実施しています。

住宅性能表示を受けると、こんなメリットが

国に登録された第三者機関の評価が受けられます。
国土交通大臣が登録した評価機関である登録住宅性能評価機関に所属する評価員が、共通の基準である評価方法基準に沿って評価します。評価は、求められている性能通りに設計されているかをチェックする「設計住宅性能評価」と、施工段階・完成段階で、評価を受けた設計通りに工事が進められているかをチェックする「建設住宅性能評価」があり、それぞれ法律にもとづく評価書の交付とマークが表示されます。
住宅ローンや地震保険料が優遇される場合があります。
建設住宅性能評価書の交付を受けると、住宅ローンの優遇を受けられる場合があります。また、地震に対する強さの程度に応じて地震保険料の割引が受けられます。住宅性能表示制度を利用した新築住宅で、一定の要件を満たすものについては公庫提携フラット35の優遇を受けられます。
万一のトラブルの際も、指定住宅紛争処理機関に紛争処理を申請できます。
建設住宅性能評価書が交付されると、万一その物件に関するトラブルが起きても、指定住宅紛争処理機関に紛争処理を申請することで、迅速・公正な対応を受けることができます。
※手数料は、1件につき1万円です。
※指定住宅紛争処理機関とは、裁判によらず住宅の紛争を円滑・迅速に処理するための、国土交通大臣が指定した機関です。

メリットの適用には、「建設住宅性能評価書」の交付を受ける必要があります。サーパスマンションでは、住宅性能表示制度の対象となるすべての物件において、「設計住宅性能評価書」「建設住宅性能評価書」の両方の交付を受けています。

住宅性能表示制度は法律にもとづく制度

住宅性能表示制度は、2000年4月に施行された「住宅品質確保法(住宅の品質確保の促進などに関する法律)」にもとづき運用開始された制度です。品確法では住宅性能表示制度のほか、以下の2点を加えた3つの柱で構成されています。

新築住宅の基本構造部分の瑕疵担保責任を、10年間義務化すること。
住宅の性能をわかりやすく表示する「住宅性能表示制度」の制定(任意)。

サーパスマンションは新規物件すべてで「住宅性能評価」を取得

住宅性能表示制度では、以下の10項目の性能について共通の標準で評価し、等級や数値で表示します。

01 構造の安定に関する項目

地震や風などの力が加わった時の建物の強さを評価します。

02 火災時の安全に関する項目

火災が発生した時の避難のしやすさ、建物の燃えにくさを評価します。

03 劣化の軽減に関する項目

鉄筋コンクリートなどの建物の劣化(腐食・サビなど)のしにくさを評価します。

04 維持管理・更新への配慮に関する項目

配管の日常における維持管理・更新(点検・清掃・修繕)のしやすさを評価します。

05 温熱環境に関する項目

防暑・防寒などの室内温度や冷暖房時の省エネルギー性に関する評価です。

06 空気環境に関する項目

化学物質などによる影響の抑制や室内空気の清潔さなど、建材や換気設備に関する評価です。

07 光・視環境に関する項目

窓などの開口部の面積と位置について、どの程度配慮されているかを評価します。

08 音環境に関する項目

上下階や隣戸の音の伝わりにくさについての評価です。※任意選択の事項であるため、サーパスマンションは評価を受けつけていません。

09 高齢者への配慮に関する項目

高齢者などに配慮した移動のしやすさ、介助のしやすさについて評価します。

10 防犯に関する項目

外部開口部(窓・ドアなど)について侵入防止策を評価します。

  • Select 土地の厳選を重ねる
  • Style 安全で自由な空間をつくる
  • Support 毎日を身近で見守る
穴吹工務店の住まいづくり トップへ