新潟県長岡市の新築・分譲マンション「サーパスシティ長岡駅東口通り」のZEH Oriented

ZEH oriented

ZEH(ゼッチ)ってなに?

消費エネルギー「ゼロ」を目指した省エネマンションのことです。

ZEH(ゼッチ)とは、断熱性能を大幅に高め、高効率設備の導入により、
快適な室内環境を保ちつつ大幅な省エネを実現(省エネ基準比20%以上削減)。
その上で再生可能エネルギーを導入し、
共用部を含む住棟全体の年間の一次エネルギー消費量の収支を
ゼロにすることを目指したマンションです。

ZERO

〈ZEH〉の概念図 ※出典:経済産業省 資源エネルギー庁(集合住宅におけるZEHロードマップ検討委員会)

例えるなら

自動車のようにガソリンで走る自動車が当たり前でしたが、
今では環境への配慮、技術の革新が進み、
ハイブリッド自動車や電気自動車が普及しつつある世の中になってきています。
その時代の考えが、住宅業界にも普及しはじめたのです。
今後はZEHを含む、環境にも家族にも優しい住まいがスタンダードになることでしょう。

健康にやさしい 断熱性を向上させることで外気温の影響を受けにくい室内環境。

ZEHの高断熱仕様は何が違うの?

天井、床に至るまで、高性能な高断熱材を採用しています。

一般仕様のマンションと比べ、ZEHでは天井部分全面に断熱材を施しています。
より外気の影響を受けにくく、湿度ムラのない、年中快適な住空間を実現しています。
断熱性能の高い住まいは、「冬暖かく夏涼しく」身体にやさしい仕様。

断熱性能の高い住まいは、
「冬暖かく夏涼しく」身体にやさしい。

2018年にWHO(世界保健機関)が、「住宅の健康に関するガイドライン」を公表し、
住宅の寒さに関する指針を出すなど、
室内環境が人体に大きな影響を与えることが明らかになってきました。
ZEH住宅は高断熱であるため、冬は家の中の熱を逃がさず、
夏は外からの熱をシャットアウトし、1年中快適な室内環境を保ちます。

医学博士 星先生に聞く 快適で健康的な住まいとは?医学博士 星先生に聞く 快適で健康的な住まいとは?

家計にやさしい 高効率設備でエネルギーの使用量を減らし、家庭の光熱費を抑える。

エネルギーの使用状況を
「見える化」標準採用。

電気代の節約のためには、まずはエネルギーの使用状況を知ることが大事です。
そこで、電気の使用状況をリアルタイムに「見える化」しています。

スマートフォンやパソコンでエネルギー使用状況をチェックできる

高効率設備で
エネルギーの使用量を減らす。

エネルギーを上手に使う「高効率設備」。
エネルギーの消費を抑えると地球温暖化の原因である温室効果ガスの排出を抑える事にも繋がります。

  • 高効率照明(LED照明)

    住戸内のダウンライトと共用部の照明には、
    長寿命で優れた省エネ性能のLED照明を採用しています。

  • 玄関人感センサー

    人感センサーの採用により消し忘れなどの防止、
    さらにLEDの採用により消費電力を削減します。

  • マルチ混合水栓

    洗面化粧台の蛇口には、吐水口が引き出せる水栓を
    設置しています。また、節湯のできる水栓です。

  • 保温浴槽

    浴槽とフタの両方に保温構造を採用することで、
    お湯が冷めづらく、追いだきの回数もグッと減らせるので
    節約にもつながります。

環境にやさしい 高効率な設備・システムの導入でエネルギーを上手に使いCO2を削減。

生活しているだけでCO2がでるの?

世界の中でも日本は家庭から出る温室効果ガスは意外に多く、
CO2排出量の改善を求められています。

CO2排出量が世界5位の日本は、2030年までに、
2013年度比で温室効果ガスの排出を26%削減し、2050年には80%削減する目標を掲げています。
その中でも、家庭内のCO2の排出量は年々増え続けており、
特に集合住宅を含む家庭部門は、約4割の削減が求められているのが現状です。

CO2排出量削減目標(家庭部門)CO2排出量削減目標(家庭部門)

39.3
削減

これは
杉の木 56本が1年間に
吸収するCO2の量

に相当します。

ZEHは特別なマンションなの?

日本政府はZEH普及に向けた取り組みを本格化。
今後、CO2排出量を抑える住まいがスタンダードになります。

経済産業省資源エネルギー庁は、中長期エネルギー需要見通し(エネルギーミックス)の着実な実現に向け
2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現するという政策目標において
集合住宅を位置づけると共に「集合住宅におけるZEHの定義」を定めた上で、
ZEH普及に向けたロードマップを策定しました。

建築物省エネ法に基づく省エネ性能表示制度 BELSによる第三者認証建築物省エネ法に基づく省エネ性能表示制度 BELSによる第三者認証

  • ※1 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(平成27年法律第53号)

  • ※1.表示の一次エネルギー消費量は、☆☆に対しての増減割合となります。
    [出典]日本ERI株式会社「建築物省エネルギー性能表示制度のご案内」

サーパスマンションは、先駆けてZEHマンションに取り組み、
多くのZEHマンション施工実績を積み重ねています。

穴吹工務店は、グループ一貫体制で培った技術、ノウハウ、実績、ネットワークを活かし、
強固かつ柔軟な総合力で、快適な住まいを提案し続けています。
その確かな品質は、皆さまから高い評価と信頼を獲得しています。

  • ZEH orientedに採択されたマンションは、10棟の実績があります。

なぜサーパスマンションが
他社に先駆けてZEHに取り組めるのでしょうか?

その理由は、ズバリ「グループ一貫体制」だから。

自社でマンションを施工すると何が良いのでしょうか。2000年に施行された「住宅の品質確保に関する法律」により、
建物に不具合があった場合の責任企業は「売主」となっております。
つまり、施工を担当する建設会社と担保責任を負う売主が同じ会社だと、
責任の所在が明確でトラブルになりにくい仕組みになっているのです。
自ずと良質の商品提供を意識して施工できます。
また、建設会社としてのこだわりの品質確保や設計の自由度の高さといった面でもメリットがあります。

グループ一貫体制