エリアを選択

ライフスタイルに
合わせて選ぶ
買い替えのタイプ

買い替え先の購入と売却を同時に行うタイプ、買い替え先を購入したあとに売却するタイプ、先に売却を済ませ売却資金を確定させて買い替え先を探すタイプの3つの買い替えタイプに分けられます。ご自身に合うのはどのタイプなのかを考え、それぞれの特徴を把握しましょう。

購入・売却・同時進行タイプ

マイホームの売却資金を買い替え先の住まいの購入資金に充当する「売却資金 充当型」です。

購入先行タイプ

買い替え先を購入した後でマイホームを売却する「購入優先型」です。

売却先行タイプ

マイホームの売却を成立させてから買い替え先の住まいを探す「売却 優先型」です。

メリット 買い替え先の引き渡し日に合わせてマイホームの売却活動を行うので“仮住まい”は不要です。 マイホームの売却に左右されず、新しい住まいの購入が可能です。 マイホームを売却した時点で購入資金の金額が確定するので、買い替えの資金計画が立てやすい。
デメリット マイホームを売却できない場合は、買い替えを断念しなければならない場合があります。
※購入契約時の手付金は放棄となる場合があります。
マイホーム売却がなくても住宅購入が可能な自己資金が必要です。住宅購入で一時的に住宅ローンを使用する場合は、借り入れコストや利息負担が発生します。 マイホームの売却時期と買い替え先の引き渡し日が合わないので“他の住まい”が必要です。2回の引っ越しが発生します。