エリアを選択

住まなくなる家を
「賃貸に出す」には

まずは「賃貸に出す」メリットとデメリットを把握しましょう。
皆さまの上手な「賃貸経営」をサポートするサービスもご紹介します。

賃貸に出すことのメリット

  • ・家賃として毎月の収入が得られます。
  • ・固定資産税や住宅ローンの金利などを確定申告で経費計上すれば、所得控除されて税金が安くなります。
  • ・不動産という資産を保有し続けられます。

賃貸に出すことのデメリット

  • ・所有を続けるため、固定資産税や設備故障時の修繕費、火災保険などの経費は居住時と同じように発生します。
  • ・入居者を募集する際には、内装をきれいにするため室内クリーニングなどが必要です。
  • ・入居者が見つからず空室のままになる可能性があります。
  • ・排水管の詰まりなどの設備故障、隣戸騒音、家賃未納などの入居者トラブルが発生することがあります。

「賃貸に出す事」にされたオーナーさまは以下の対応が必要です。
適切な対応をすることが、上手な「賃貸経営」に結びつきます。

  • 入居者募集活動

    空室の期間は家賃収入が無くなってしまうので、空室になる都度に入居者の募集活動が必要です。

  • 家賃の回収方法と滞納回避

    家賃滞納を回避する事と、家賃回収の対策が必要です。

  • 賃貸借契約や契約更新などの業務

    賃貸借契約書の取り交わしや保証人の確認、敷金の取り扱いや修繕手配などが必要です。

  • 設備故障などの対処

    設備の故障時などの連絡対応や修理手配が必要です。

  • 経費支払いと集計

    賃貸経営には、経費支払いだけでなく確定申告のための収支集計も必要です。