倉敷駅前周辺エリア再開発で
さらに便利な暮らしへ。

豊かな歴史・芸術・文化を持ち、観光地として国内外から多くの人が訪れる倉敷。
市は「ひと、輝くまち 倉敷。」を街づくりのコンセプトに掲げ、
倉敷駅周辺の都市整備や中心市街地の活性化を図っていく取り組みを行っています。
子どもからご高齢者までみんなが元気にイキイキと輝ける毎日へ。
今、大きく変わろうとしている注目の街です。

  • 資産性資産性
  • 住まいのコラム住まいのコラム
  • 倉敷駅周辺の再開発計画倉敷駅周辺の再開発計画

読者スッキリ!住宅・不動産ライターの住まいのコラム

04_マンション選びに絶対見落としてはいけない管理体制やセキュリティ、耐震性能!

ライフスタイルや生活ニーズの多様化を背景に、マンション設備はどんどん進化しています。ご自身やご家族にとって最良のマンションを選んでいただくために、「設備の今」をご紹介します。

魅力的な設備の存在は、マンション選びの判断材料魅力的な設備の存在は、マンション選びの判断材料

近年、充実した最新設備を売りにするマンションが増え、人気を博しています。一住戸当たりの負担を抑えながら豊かな暮らしを叶えてくれる、魅力的な設備の存在はマンション選びの大切な判断材料です。
一昔前までは人気だった「浴室暖房乾燥機」「食器洗い乾燥機」は今では定番となり、近年では宅配されてきた荷物を自分の代わりに預かってくれる「宅配ボックス」や、エントランスで鍵を鞄に入れたままオートロックを解除できる「ハンズフリーキーシステム」が数多く採用されるようになりました。「宅配ボックス」に関しては書留郵便の受取ができるものもあり、さらに便利になっている一方で、世帯数に対する設置台数にも注意が必要です。宅配ボックスメーカーによると、世帯数の20~30%のボックス数の設置を推奨しています。宅配ボックスがあっても、使用中で空きがなく利用できないという事例も多いので、設置率や預け入れられた荷物を入居者がきちんと取り出せるための工夫がされているかを確認しておくと良いでしょう。

進むテレワーク対応。在宅での仕事をスムーズに進むテレワーク対応。在宅での仕事をスムーズに

マンションを巡る生活のシーンは人それぞれ。ライフスタイルや家族構成によって理想の設備は変わります。「テレワーク」への関心が高まる昨今。在宅での仕事を考えるなら、快適かつ高速な「インターネット完備」は必須です。プロバイダや回線業者と契約することなく入居後即ネット接続できて、スムーズにテレワークを始められます。
また自宅で過ごす機会が増えると、電気代や水道代のランニングコストが気になるところ。従来のマンションは電力会社と各戸での「個別低圧契約」なのですが、最近では、マンションで単価の安い高圧電力を「高圧一括契約」して購入し、マンション内に設けた変圧設備で低圧に変圧して各戸に提供するケースも見られます。「高圧一括契約」は、「個別低圧契約」よりも、各戸での電気代がお得になります。さらに、省電力につながって電球の交換コストも抑える「LEDライト」、断熱性を向上して冷暖房効率を高める「複層ガラス」、シングルレバー混合水栓と比べ約40%以上のの節水を実現する「エコ水栓」などといった設備も使用すれば、より家計にやさしい空間となります。
マンションで心地よく、エコノミーに暮らすために。このようなサポートしてくれる設備は、今後さらに増えることでしょう。

家事ラクまで考えた、キッチン・バスルームの最新設備家事ラクまで考えた、キッチン・バスルームの最新設備

毎日使うという観点からチェックしたいのがキッチンとバスルームの設備です。キッチンでは、家事効率から後片付けのことまで考えた設備がトレンド。前面の壁やレンジフードの整流板に滑らかで耐食性のあるホーローを使った「ホーローキッチンパネル」や「薄型レンジフード」は付いた汚れをサッと拭き取れ、清潔感も抜群。ゆとりサイズの「大型静音シンク」は、かさばる大皿や鍋もラクラク洗えます。出番の多い食器類や調味料をパッと取り出せる「引き出し式スライドキャビネット」「ソフトクローザー」もオススメです。
バスルームの設備も健康とお手入れ、どちらも考えてチェックしましょう。特に冬場の温度差でヒヤッとする冷たさを防ぎ、畳のような柔らかさで転倒事故の防止や清掃時にヒザをついても痛くない「浴室の床」だと安心です。掃除の際に髪の毛などが溜まる「排水口」も、形状などに工夫してゴミや髪の毛が中央に集まるようにされたものだと清潔に保つことも手間ではありません。自然光を感じる「浴室窓」を取り入れた浴室は、優れた換気性でカビの発生を抑えてくれます。 一方、過剰な設備には注意が必要です。あれもこれも備え付けられお得に感じても、その設備の設置費用もマンション価格に当然含まれています。使わない設備に費用を払うというデメリットがあることも考えなければいけません。
また一つ一つの設備には寿命があり、定期的なメンテナンスが必要です。設備によっては高額なメンテナンス費用が発生することもあります。特に普及率が低いものほど注意が必要と言えるでしょう。ライフスタイルや生活ニーズと照らし合わせて理想の設備を検討し、満足ゆくマンション選びにお役立てください。

氏 名:酒田 健典 (さかた たけのり)

職 業:コピーライター


大学卒業後、出版社、広告プロダクションに勤務したのち、株式会社ハドル設立、同社の代表取締役社長に。ライティングの実績は、住宅関係をはじめエネルギー、金融といった生活に直接関わるものが多数。清水建設 技術広報「テクノアイ」などコラムも手掛ける。

実績

<コラム>清水建設 技術広報「テクノアイ」/制作・コピー <パンフレット>リゾートトラスト「東京ベイコート倶楽部ホテル」/コピー <パンフレット>東京ガス「ガス床暖房 はやわざ」/制作・コピー <広告>東芝住宅向け太陽光発電システム/制作・コピー <広告>東急アメニックス(現・東急ホームズ)「リフォーム」/制作・コピー <広告>アットホーム「アットホームのお店」/制作・コピー

  • 資産性資産性
  • 住まいのコラム住まいのコラム
  • 倉敷駅周辺の再開発計画倉敷駅周辺の再開発計画