ZEH-M oriented




ZEH-M(ゼッチ・マンション)ってなに?

消費エネルギー「ゼロ」を目指した省エネマンションのことです。

ZEH-M(ゼッチ・マンション)とは、断熱性能を大幅に高め、高効率設備の導入により、
快適な室内環境を保ちつつ大幅な省エネを実現(省エネ基準比20%以上削減)。
その上で再生可能エネルギーを導入し、
共用部を含む住棟全体の年間の一次エネルギー消費量の収支を
ゼロにすることを目指したマンションです。

ZERO

〈ZEH-M〉の概念図 ※出典:経済産業省 資源エネルギー庁(集合住宅におけるZEHロードマップ検討委員会)

例えるなら

自動車のようにガソリンで走る自動車が当たり前でしたが、
今では環境への配慮、技術の革新が進み、
ハイブリッド自動車や電気自動車が普及しつつある世の中になってきています。
その時代の考えが、住宅業界にも普及しはじめたのです。
今後はZEHを含む、環境にも家族にも優しい住まいがスタンダードになることでしょう。

健康にやさしい 断熱性を向上させることで外気温の影響を受けにくい室内環境。

ZEH-Mの高断熱仕様は何が違うの?

天井、床に至るまで、高性能な高断熱材を採用しています。

一般仕様のマンションと比べ、ZEH-Mでは天井部分全面に断熱材を施しています。
より外気の影響を受けにくく、湿度ムラのない、年中快適な住空間を実現しています。
断熱性能の高い住まいは、「冬暖かく夏涼しく」身体にやさしい仕様。

ZEH-M 高断熱仕様

窓まで高断熱仕様にする必要はあるの?

外気に直接触れるガラス・サッシは高断熱仕様にすることで
室内温度も空調費用も大きく変わります。

外側に耐久性や耐候性に優れたアルミ、
内側には熱伝導率が低く断熱性能に優れた樹脂を用いた「ハイブリッド構造」により、
高い断熱性と強度を併せ持つ高性能サッシを採用しています。
2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、さらに特殊金属膜(Low-E膜)を施した「Low-E複層ガラス」を採用。
優れた断熱効果で冬は暖かく、夏は冷房効率に貢献し、省エネ効果を発揮します。
また、結露を軽減する効果もあります。

断熱性の向上

ZEH-Mの断熱仕様にすることでどれだけ変わるの?

一般仕様と比べて、逃げる熱量を約74%カットします!

窓から逃げる熱量を、アルミサッシと樹脂サッシで比較した場合、
樹脂サッシ(Low-E複層ガラス)は約74%も抑えることができます。
窓からの熱の出入りを抑えれば、快適な室温を保つことにつながり、さらに、光熱費を無駄に使うこともなくなります。

窓から逃げる熱の割合

ZEH-Mの断熱仕様は本当に暖かいの?

家中どこでも、室温18℃以上を保ち
部屋の隅々までムラがなく均一に暖かくできます。

住む人の健康が家の中の温度と関係があることをご存知でしょうか?
健康のリスクを考えると、一年を通して温度差の少ない空間で生活することは重要です。
ZEH-M仕様では寒い冬でも全ての居室を18℃以上に保つことが可能で、
天井から床まで温度のムラを無くし、ご家族が快適に生活できる空間をご提供しています。

温度ムラがないので家族も快適

寒い冬でも全ての居室で室温18°C以上

※1試算条件【一般的な住宅】と【ZEH住宅】について、株式会社LIXILの協力を得て、熱流体解析ソフトにより室内の温度分布シミュレーションを実施したもの<シミュレーション条件>○外気温度:0℃○エアコン設定条件:エアコン設定温度28℃、斜め下45度方向に1m/sの風速○住宅の使用エネルギー:電気・ガス併用住宅【一般的な住宅】・住宅性能表示における「5-1. 断熱等性能等級」の等級3(平成4年基準相当)の評価方法に則り、壁の断熱材の熱抵抗値0.7W/㎡・K 、開口部(金属製建具/ガラス 単板 )の熱貫流率6.51W/㎡・K(Ⅳ地域)と設定。【ZEH住宅】・平成28年省エネルギー基準に準拠し外皮性能を評価:外皮平均熱貫流率0.53W/㎡・K/、開口部<樹脂(又は木)と金属の複合材料製建具/ガラス Low-E複層A12以上> 2.33W/m2・K。■日射考慮無し■他室との熱伝導は考慮しない■人体・家電製品の発熱は考慮しない※数値はあくまでシミュレーションであり、実際の性能や数字を保証するものではありません。※2試算条件【一般的な住宅】と【ZEH住宅】について、株式会社LIXILの協力を得て、温熱環境解析ソフトにより室内温度シミュレーションで比較したもの。<シミュレーション条件>○建設地:山梨県甲府市周辺○外気温度:(一社)日本建築学会拡張アメダス気象データに基づき、 12月下旬の外気温を設定。表示の図は午前6時時点の状況を示したもの。○専有面積:72.09㎡[3LDK]○部屋の方位:南向き○家族構成:3人(夫/会社員、妻/専業主婦、子/中学生)○在宅時間:夫/20時~8時、妻/13時~15時のみ不在、子/19時~8時○エアコン稼働条件:(一社)日本建築学会の「住宅用標準問題」によるスケジュールに則り、在室時のエアコン稼働。各居室にエアコン1台設置。○住宅の使用エネルギー:電気・ガス併用住宅【一般的な住宅】・住宅性能表示における「5-1. 断熱等性能等級」の等級3【平成4年基準相当】の評価方法に則り、壁の断熱材の熱抵抗値0.7W/㎡・K 、開口部(金属製建具/ガラス 単板 )の熱貫流率6.51W/㎡・K(Ⅳ地域)と設定。【ZEH住宅】・平成28年省エネルギー基準に準拠し外皮性能を評価:外皮平均熱貫流率0.53 W/m2・K、開口部<樹脂(又は木)と金属の複合材料製建具/ガラス Low-E複層A12以上> 2.33W/m2・K。■日射考慮無し■人体・家電製品の発熱は考慮しない※数値はあくまでシミュレーションであり、実際の性能や数字を保証するものではありません。

断熱性能の高い住まいは、
「冬暖かく夏涼しく」身体にやさしい。

2018年にWHO(世界保健機関)が、「住宅の健康に関するガイドライン」を公表し、
住宅の寒さに関する指針を出すなど、
室内環境が人体に大きな影響を与えることが明らかになってきました。
ZEH住宅は高断熱であるため、冬は家の中の熱を逃がさず、
夏は外からの熱をシャットアウトし、1年中快適な室内環境を保ちます。

医学博士 星先生に聞く 快適で健康的な住まいとは?医学博士 星先生に聞く 快適で健康的な住まいとは?

家計にやさしい 高効率設備でエネルギーの使用量を減らし、家庭の光熱費を抑える。

どれくらい節約になるの?

光熱費は年間約52,000円節約。電気代は約68%に。

断熱性の高いZEH住宅は、冷房と暖房に使うエネルギーを抑え、
さらに高効率設備でエネルギーを無駄なく使用し、家計にやさしい暮らしが実現できます。

235,249

183,018

電気
95,300

ガス
139,949

電気
65,368

ガス
117,650

光熱費
年間
52,000
お得!

一般的な
住宅

サーパス
葵日出町

エネルギーの使用状況を
「見える化」標準採用。

電気代の節約のためには、まずはエネルギーの使用状況を知ることが大事です。
そこで、電気の使用状況をリアルタイムに「見える化」しています。

スマートフォンやパソコンでエネルギー使用状況をチェックできる

高効率設備で
エネルギーの使用量を減らす。

エネルギーを上手に使う「高効率設備」。
エネルギーの消費を抑えると地球温暖化の原因である温室効果ガスの排出を抑える事にも繋がります。

  • 高効率照明(LED照明)

    住戸内のダウンライトと共用部の照明には、
    長寿命で優れた省エネ性能のLED照明を採用しています。

  • 高効率エアコン

    より省エネ性能が高い高効率なエアコンを
    リビング・ダイニングに標準採用しています。

  • マルチ混合水栓

    洗面化粧台の蛇口には、吐水口が引き出せる水栓を設置しています。また、節湯のできる水栓です。

※3 〇当該物件の年間光熱費は、国が定める基準※に基づき、各設備の消費エネルギーを算出し、当該物件を燃料単価を乗じて算出しました。そのため、本資料の年間光熱費は実際の年間光熱費を保証するものではありません。〇入居後に設計される設備は、国が定める基準※に基づいた標準的な設備を想定して年間光熱費を算定しています。その際、設備の新設維持更新に要する費用は考慮しておりません。〇「省エネ基準の家」の年間光熱費は、国が定める基準※に基づき、断熱性能と設備機器を設定したうえで、各設備の消費エネルギーを算出し、「省エネ基準の家」の燃料単価を乗じて算定しました。家の面積、形状、冷暖房の設定温度などの条件は当該物件と同等の設定です。〇「省エネ基準の家」は国が定める基準※に基づき、調理器具はガスコンロにより算定しています。〇採用燃料単価は申請者により、設定された単価を使用しています。〇グラフの数値は一般社団法人エネルギーガス協会が開発したプログラムにより算出しております。※国が定める基準とは、建築物エネルギー消費性能基準(平成28年省エネルギー基準)のこと〇日本ERI株式会社発行(住まいの燃費)通信簿 サーパス葵日出町602号室による。〇光熱費の数値は各住戸により異なります。

環境にやさしい 高効率な設備・システムの導入でエネルギーを上手に使いCO2を削減。

生活しているだけでCO2がでるの?

世界の中でも日本は家庭から出る温室効果ガスは意外に多く、
CO2排出量の改善を求められています。

CO2排出量が世界5位の日本は、2030年までに、
2013年度比で温室効果ガスの排出を26%削減し、2050年には80%削減する目標を掲げています。
その中でも、家庭内のCO2の排出量は年々増え続けており、
特に集合住宅を含む家庭部門は、約4割の削減が求められているのが現状です。

CO2排出量削減目標(家庭部門)CO2排出量削減目標(家庭部門)

39.3
削減

これは
杉の木 56本が1年間に
吸収するCO2の量

に相当します。

ZEH-Mは特別なマンションなの?

日本政府はZEH-M普及に向けた取り組みを本格化。
今後、CO2排出量を抑える住まいがスタンダードになります。

経済産業省資源エネルギー庁は、中長期エネルギー需要見通し(エネルギーミックス)の着実な実現に向け
2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現するという政策目標において
集合住宅を位置づけると共に「集合住宅におけるZEHの定義」を定めた上で、
ZEH-M普及に向けたロードマップを策定しました。

建築物省エネ法に基づく省エネ性能表示制度 BELSによる第三者認証建築物省エネ法に基づく省エネ性能表示制度 BELSによる第三者認証

  • ※1 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(平成27年法律第53号)

  • ※1.表示の一次エネルギー消費量は、☆☆に対しての増減割合となります。
    [出典]日本ERI株式会社「建築物省エネルギー性能表示制度のご案内」

サーパスマンションは、先駆けてZEHマンションに取り組み、
多くのZEHマンション施工実績を積み重ねています。

穴吹工務店は、グループ一貫体制で培った技術、ノウハウ、実績、ネットワークを活かし、
強固かつ柔軟な総合力で、快適な住まいを提案し続けています。
その確かな品質は、皆さまから高い評価と信頼を獲得しています。

  • ZEH-M orientedに採択されたマンションは、10棟の実績があります。

なぜサーパスマンションが
他社に先駆けてZEHに取り組めるのでしょうか?

その理由は、ズバリ「グループ一貫体制」だから。

自社でマンションを施工すると何が良いのでしょうか。2000年に施行された「住宅の品質確保に関する法律」により、
建物に不具合があった場合の責任企業は「売主」となっております。
つまり、施工を担当する建設会社と担保責任を負う売主が同じ会社だと、
責任の所在が明確でトラブルになりにくい仕組みになっているのです。
自ずと良質の商品提供を意識して施工できます。
また、建設会社としてのこだわりの品質確保や設計の自由度の高さといった面でもメリットがあります。

グループ一貫体制