エリアを選択

穴吹工務店の住まいづくり

サーパスマンションをつくる穴吹工務店

株式会社穴吹工務店
 商品企画部 企画課 係長大久保 英樹(一級建築士)
すべては住まう人の安全と快適のために。1棟のサーパスマンションに込められた設計者の“熱いこだわり”を解き明かす。

マンションは、入手した用地に同じものを大量生産的に建てるだけ、そう考える人は少なくないだろう。
そんな人にこそ知っていただきたいのが、サーパスマンションの「サーパスクオリティ」という独自の住まいづくり。
穴吹工務店及びグループ会社では、用地取得から企画・設計、施工、販売、管理、アフターサービスに至るまで、
プロジェクトに携わる専門家がチームを組み、いつまでも安心・快適に住まうことができるマンションの提供を目指している。
現場の熱気と専門家集団ならではのこだわりを、設計担当の言葉の中に探った。

──サーパスマンションは、用地取得から
企画・設計、施工、販売、管理、入居後のアフターサービスに至る全てを、グループで行っている。
その目的が、安全で快適な暮らしを提供することにあるのは、言うまでもない。
サーパスマンションにおける用地取得のこだわりを教えてください。
徹底的に選び抜いた用地だからこそ、
考え抜いた設計が活きると考えています。
なので、ちょっと厳しいかもしれませんが、
実際の用地の取得率はわずか数パーセントとなっています。

「用地取得にあたっては、立地の良し悪しは勿論、地盤の確かさや、その用地と地域に適したマンションの構造や設備仕様を、各分野の専門家の視点から何パターンも検討。
さらに販売予定価格まで含めた様々な角度から検証を行い、その用地がサーパスマンションにふさわしいものなのか、徹底的に議論しています。」

「ご購入されているお客さまの家族構成、年齢層はどうか、子育て世代か、ゆとりある暮らしが求められるのか。容積率や高さ制限、行政ごとの条例、内規を含めた法規制、さらに公園や接道条件、周辺建物の状況など、検討すべき項目は多種で多岐にわたります。
取得前から、開発・工事・営業・設計の担当者間では全ての情報が開示され、限りなく実施のプランに近い状態で検討を行う。
すべてを自社内で行う穴吹工務店ならではのメリットです。」

「このような厳しい激論と決裁を経て、最終的に用地を取得してプロジェクトが始動できるのは、候補地のわずか数%に過ぎません。」

――綿密なプランを立て、事業としては十分成り立つ条件が揃っていても、
設計者として少しでも疑問や不安を感じる用地は、サーパスマンションには不適格なのだ。
この後、取得した用地は、全物件で基礎ボーリング調査を実施した上で、具体的な企画・設計に入る。
ここでのこだわりは、構造設計だ。
構造設計についてお客さまに知っておいていただきたいことはありますか。
地震大国といわれる日本では、
揺れた際の建物への負担を計算し、
バランスよく軽量化を図ることが、
安全につながるのだと思います。

「建物は重くて頑丈なほうがいい、
そう考える方が多いかもしれませんが、
地震の多い日本では、バランスの良い軽量化が重要です。
サーパスでは、廊下やバルコニーの壁にALCを採用することで、
建物としての強度を落とすことなくバランスよく軽量化。
建物細部にわたり、お客さまの安全な暮らしを実現しています。」

「穴吹工務店が独自に定める安全基準の
厳しさをリアルに感じられるのは、
1階を完全ピロティとしない点でしょう。
基準法上、完全ピロティがNGだから
ということではありません。」


効率を犠牲にしてでも譲れないものがあるのですね。
そうです。
私たち穴吹工務店では、
過去の震災経験などを踏まえて、
完全ピロティを採用しないことは
譲れない構造だと考えます。
重要なのは、住まう人の快適性と
耐震強度のベストバランスです。

「そのベストバランスを実現するために、
構造設計・意匠設計・営業担当など、
異なる視点を持つ専門家がそれぞれの立場で意見を出し合い、
その土地に合った理想的な設計を徹底的に話し合います。」

――理想的なバランスを求めて、検討を重ねるほどに、
プロジェクトメンバーの前には「没」になった図面の山が高々と築かれるという。
つまり、サーパスマンションは、1棟ごとに考え方も違えば間取りも異なる、こだわり設計を行っているのだ。
また、サーパスマンションは、
省エネルギー対策等級4(住宅性能評価 最高等級)の技術基準をクリアした「エコマンション」だ。
断熱効果の高いペアガラス、環境にやさしい給湯器エコジョーズや、
節水トイレを採用している他、先進のLED照明を標準装備している。
躯体の耐用年数を示す劣化対策等級も最高等級の3等級だ。(住宅性能評価)
こうした高機能商品の採用は、地球や家計にやさしいことは勿論、
安心・快適な設計を目指す専門家としてのこだわりを、とことん追求した結果といえる。
材料の選定にも、メーカー任せにしない独自のこだわりがありそうですね。
納得がいくまで検証するために、
独自の性能値実測を課しています。

「意匠設計では、幾多の建材の中から一つひとつ選んでいきます。その際も、単純にメーカーがアピールする数値を鵜呑みにして高機能商品を採用しているわけではありません。
私たちが重視するのは、実際に住まう人が体感する『性能値』です。
遮音性の高い床材、節水トイレなどは、それぞれメーカーによって性能値が示されています。けれどその数値は、施工条件などによって
変動することもしばしばです。
そこで穴吹工務店では、独自に建材や商品の性能測定を実施。自信を持っておすすめできる『サーパス基準』をクリアしたものだけを採用しています。」

――特に、遮音性能や空気環境は、
様々な材料と条件が組み合わさって実現されるものだ。
つまり真の性能値とは、竣工後の住戸に計器を持ち込んで実測した本当の数値だけ。
そこで穴吹工務店では、床遮音性能と空気環境については最後に竣工した住戸で測定を行うなど、
想定される最も厳しい条件下において性能値を実測。
万一社内基準に満たない値が出た場合は、施工をやり直すこともいとわない。

「効率を重視する時代にはマッチしない作業かもしれませんね。
けれど、マンションとは安心と快適を確約できる空間でなければいけない、と私たちは考えます。
そのためには、これらは欠かせないプロセスなのです。」

――設計者の「こだわり」に直に触れられるのが、モデルルーム見学だ。
よい住まい選びのためには、ポイントを押さえてじっくりと取り組みたい。
モデルルームでは、何に注目するとサーパスの良さがわかるでしょうか。
実際に手で触れて
『サーパス優デザイン』を
感じてください。
設計者の熱い思いが
感じられるはずです。

――モデルルームを見学する際は、建具の高さや収納など、
意匠の工夫に注目したい。
たとえば、下足入れは従来より奥行きを増やして、
ベビーカーを収納できるように設計されている。
オプションのフックをつければスリッパを収納することもできるので、
玄関回りがすっきり片付く。
フローリング材は、植林木を使ったエコ商品として
新しく開発された「シートフローリング」を基本的に採用。
環境にやさしいエコ素材として開発された素材だが、
見た目に美しく、傷がつきにくいため、
住まうほどにその良さを実感できるはずだ。

「間取りの使い勝手、各部屋の間口と奥行きのバランスなどを、実際に立ち歩いて実感していただくことが大事です。細かなことですが、毎日使うスイッチの高さや、リビングと廊下のコンセントの高さは、お子さまからお年寄りまでどなたにでも使いやすい『サーパス優デザイン』としていますので、ぜひ実感していただきたいですね」

――さらに、キッチンカウンターの高さやバスルームの形状など、
家族構成や暮らし方に合わせて選べる部分も増えている。
ぜひメジャーを持参して、
納得がいくまで部屋や収納スペースのサイズを測ってみたい。
建具の一つひとつ、細かなサイズ設計の中に、
きっと設計者の「思い」や「こだわり」を感じられるだろう。

「残念ながら、構造フレームの考え方や、施工と一体となった躯体品質の良さなど設計者として一番見ていただきたい建物本体へのこだわりは、竣工後にご覧いただくことはできません。
その点をアピールできるのは『既にサーパスマンションにお住まいのお客さまや、私たちの協力会社さまが、新しいお客さまをご紹介くださる。』
という事実だけかもしれません。

けれど、実際にお住まいの方や施工に携わった協力会社の方々の評価こそ、
私たちが何より誇れるものだと自負しています。」

――疑問に思ったことやわからないことは、どんどん質問してみよう。
住まう人の意見こそが設計者の心を熱くし、
さらに安心で快適な住まいづくりへの思いをかき立てるのだから。


正直に言えば、高級な建材を集めれば、どこでも同じマンションが建つと思っていた。
とんでもない間違いだった。
1棟ごとに環境が異なる以上、そこで営まれる暮らしは千差万別で、設計者の思いやこだわりも変わってくる。
だからこそ、「こだわり」が設計者一人の独善的な思いに走ってはならない。
そのためにも、サーパスクオリティはうまく機能していると感じた。
サーパスマンションを設計するということは、多様な個性を持つ人たちが、
それぞれに「安全・快適」と感じられる生活空間を設計することなのだ。

  • サーパスの信頼と実績
  • サーパスが選ばれる理由
  • サーパスをつくる穴吹工務店
  • 同じ未来を見ている
  • コンクリートの品質
  • 穴吹工務店について
穴吹工務店の住まいづくり トップへ