STRUCTURE

高品質の安全と安心を住まいに。

地震にも強いサーパスの躯体

「阪神大震災」「新潟県中越地震」
「東日本大震災」で、サーパスマンションは
地震による被災を経験しています。
しかし、激震地区にあったものを含めて、
大きな被害もなく、地震後も安心して
暮らしていただいております。

点検イメージ1点検イメージ2

安全や品質を第三者評価機関が評価する住宅性能評価書を取得予定

第三者機関が法律で定められた基準に沿って建物性能をチェックし、その結果をまとめた住宅性能評価書をお渡しいたします。
取得済みの設計住宅性能評価書、さらには竣工時に取得予定の建設住宅性能評価書の2つがあり、
客観的な基準に基づき、マンションの品質を比較検討できます。

性能評価ロゴ

■マンションの性能や品質が等級・数値などでわかりやすく、比べやすい。
■第三者の専門家がお客さまの代わりに見えないところも厳しく検査します。

隅々まで網羅した安心安全をささえるシステム

外から見えない基本性能こそが住まいの本質。安心・安全・快適を長期にわたり支え続けるのは、最新の技術と細心の配慮です。

※各ボタンをクリックすると、
サーパスマンションの安心・安全・快適技術をご覧いただけます。

構造パース図

溶接閉鎖型フープ工法

二重天井

かぶり厚

杭基礎構造

サーパスマンションの特長として、ぜひ知っていただきたいのは、構造部分に隠れている高品質の数々です。私たちはその土地の地質調査の結果をもとに、住まいの安全性や耐久性を定めています。その場所にもっとも適した設計プラン・施工方法を用いて、地震や台風などに負けないクオリティを追求。土台づくりにじっくりと時間をかけて、強くて丈夫な住みやすさの基礎を築いています。

※杭の先端を支持地盤となる強固な地層まで届かせ、杭周辺の摩擦抵抗力と先端の支持力によって建物を支えます。 ※掲載の図は構造を説明するためのイメージ図です。実際の構造について詳しくは担当者にお尋ねください。

断熱構造・遮音構造

穴吹工務店では、自社の施工基準でマンションの防音・遮音性の向上に努めています。二重床・二重天井をはじめ各戸境壁コンクリート厚約200~300㎜、床コンクリート厚約210~220㎜(屋上は除く)を採用。冷暖房効果もアップし、室内外の温度差によって生じる結露も抑制します。

外壁構造図(妻壁部分)戸境壁構造図

コンクリート設計基準強度

設計基準強度とはコンクリートの品質を判断する上でもっとも重要な項目で単位は「N/㎟」で表します。「サーパス熊谷銀座セントマークス」では、コンクリート設計基準強度を27〜36N/㎟と規定。これは1㎡で2,700〜3,600tもの圧縮に耐える強度を意味しています。

※外構の塀、花壇の基礎、土間など建物本体以外の部位は除きます。
※設計基準強度…構造物が、自重や建物内部に乗せる重さ、地震や風などの外力に耐えうるかを構造計算上で求め得た構造体コンクリートに必要な圧縮強度。

例えば、断面積1平方メートルのコンクリート柱で耐えられうる荷重は・・・。

荷重イメージ図圧縮強度試験圧縮強度試験

各部位ごとに断熱材を設定

外部および非空調部分に面する壁、梁、スラブには、各部位ごとに断熱材を施すことで、結露の抑制・省エネルギーに努めています。またヒートブリッジ※を抑えるために折り返し断熱を実施しています。

※断熱材が途切れた箇所から外部の冷気を室内に伝えてしまう「ヒートブリッジ」現象が起き、断熱性能が低下します。また、これは結露発生につながります。

サーバスの断熱補強概念図サーバスの断熱補強概念図

アポンド工法

お部屋の小梁をなくしました。アンボンド工法とは、天井や床を支えるコンクリートの中にPC鋼線を通し、引っ張る力によって床スラブのたわみを防ぐ工法です。それにより天井に小梁のでっぱりがない、フラットですっきりとした住空間を実現しています。

※断熱材が途切れた箇所から外部の冷気を室内に伝えてしまう「ヒートブリッジ」現象が起き、断熱性能が低下します。また、これは結露発生につながります。

アポンド工法

※掲載の図は構造を説明するためのイメージです。実際の構造について詳しくはスタッフにお尋ねください。